黒酢とキャラメルのアイス/ 「たるみ」について

 アミノ酸などが豊富で、健康に良いとしてブームになっている黒酢は、日本では鹿児島(薩摩)の「坂元のくろず」が有名ですが、中国の黒酢は日本の黒酢よりも味も色も濃いものが一般的です。

 中国の黒酢としては、鎮江の黒酢が日本でもよく知られていますが、一人あたりのお酢の消費量が中国一といわれている山西省の老陳酢も中国では有名です。

 さて、このアイスですが黒酢の酸味とキャラメルの甘味の組み合わせで、漢方理論の「酸甘化陰(酸っぱい味と甘い味の組み合わせは、体に潤いを与える)」という形になっています。

週末topics〜「たるみ」について

 人は年を重ねていくごとに、全身の筋肉やお肌の張りというものがなくなっていきますが、女性にとってやっかいなのは首筋のたるみです。顔のくすみなどは、お化粧である程度は隠すことができても、首筋のたるみだけはどうにもなりません。

 このたるみを改善するためには、当たり前のようですが老化防止ということが重要になってきます。年をとれば老化するのは当たり前でも、養生次第で老化を遅らせたりすることは可能ですし、また反対に老化が早まることも考えられます。

 漢方の考え方では、老化は即ち「」の老化(=腎虚)と考えられていますので、この「腎」の老化を防ぐ「補腎薬」と呼ばれる生薬や処方が使われますが、冷え症か、ほてり症かによって次のように分かれます。

1. 腎陽虚タイプ
 
 下半身を中心に冷え症で腰やひざがだるいという方で、基本的な処方としては金匱腎気丸ですが、強力版としては鹿茸などの入った参茸補血丸や海馬補腎丸などの処方も用いられます

2. 腎陰虚タイプ 

 手のひらや足の裏などがほてった感じがする、口の中が乾きやすい、歩いているとかかとの裏に痛みを感じるというタイプで、瀉火補腎丸や杞菊地黄丸といった処方が基本になります

 
また、お肌と老化ということから考えると、お肌は五臓六腑では「肺」にあたるため、「腎」とともに「肺」を補い、全身的な老化予防だけでなく、特に美容面での老化予防に効果があるものとしては冬虫夏草や胎盤エキスなどもよく使われます。

 サプリメントでは更年期の女性を中心に人気なのが大豆イソフラボンで、女性ホルモン様の作用があって、更年期ののぼせ、ほてりのほか、お肌の潤いや、首筋のたるみに効果があります。

 もちろん、「シミ」や「シワ」のところでも書きましたが、「気」や「血」の流れがスムーズであってこそ必要な栄養素がお肌に運ばれますので、「気」の流れの停滞や「血」の不足などがあれば、同時にそれらを改善していく必要があります。

関連記事

  1. 冬虫夏草/五臓六腑〜「肺」

  2. フカヒレ丼/ 熱中症にご用心

  3. 天津甘栗のアイス/ 「かぜ」について

  4. ちらがー/ 夏は脳梗塞にご用心

  5. 海老ワンタン麺/ 季節の変わり目

  6. ヤマモモのアイス/ 秋の養生法