稚鮎の天麩羅

Photo_5 (昨日に続いて、法善寺横町の正弁丹吾亭さんのメニューから)

 川を遡上する前の稚鮎は、この時期、河口付近の港などでよく釣れます。鮎は川で孵化した後、一旦、川を下って河口付近の海で成長し、再度、川を遡上しますが、体長が10センチ近くなると、身の部分は痩せているものの、香魚とも呼ばれる鮎独特の香りはします。

 また、鮎はカルシウム、鉄、亜鉛などのミネラルが豊富で、ビタミンもA、D、B1、B2など豊富に含まれており、非常に栄養価の高い魚です。尚、中国でも鮎は香魚(シャンユィ)と呼ばれ、渤海湾周辺などで獲れるそうですが、日本ほど人気はありません。

関連記事

  1. 熊本の馬刺盛り合わせ

  2. 馬レバ刺し

  3. ガーリックピリヤニ

  4. 吸物〜栗万頭、海老真丈射込み

  5. 徳島~ラーメン東大

  6. 玄米工房あすかさんの前菜