鶏肉とゴーヤーの蝦醤炒め

 苦瓜(ゴーヤー)が出まわりだしましたが、ここ最近、すっかり定着した感のあるゴーヤーは、東南アジア原産で日本では沖縄で栽培されていましたが、最近の健康ブームで全国的に知られるようになりました。

 ゴーヤーの苦みはモモデルシンという成分によるものですが、これに食用増進作用があり、更にビタミンCやカロテン、ミネラルが豊富で夏ばて予防には最適な野菜といえます。

 また、最近の研究ではゴーヤーに含まれるチャランチンという成分には血糖を下げる働きがあるとされ、サプリメントなどにも応用されています。

関連記事

  1. 鯛の中華鍋

  2. 鱧とトマトの酸辣湯

  3. オマールエビの揚げもの

  4. 連鍋湯(豚バラと大根のスープ煮)

  5. 北京ダックと蟹の爪

  6. タコの天ぷらと野菜のマヨネーズ炒め