蟹黄豆苗

 中国野菜の豆苗(トウミャオ)の炒めた物に、「蟹黄」=上海蟹のカニミソとゆり根が載っかっています。
 豆苗は、エンドウ豆の葉っぱではありますが、日本のスーパーで売られている発芽して間もないものは本来の豆苗とは言えず、本来はもっと成熟して大きな葉がついたものが用いられます。特に炒め物にすると、柔らかいホウレンソウといった感じで、食感がしっとりしているのが特徴で、中華では高級野菜に分類されます。

 また、上海蟹のカニミソも海の蟹と違って、加熱しても硬くならず、しっとりしているのが特徴で、豆苗との相性は抜群です。

関連記事

  1. 鯒のすり身のスープ

  2. ウズラの肉団子の煎り焼き

  3. 揚げナスの新生姜ソース、台湾バジル添え

  4. バナナと小豆餡の中華クレープ

  5. 赤魚とキノコのシンガポール式焼き煮

  6. 薬膳ゼリー