大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と季節の症状 > 漢方薬と秋の養生法

漢方薬と秋の養生法


 漢方的には秋という季節は、五臓でいえば「肺」にあたりますが、「肺」の特性としては乾燥を嫌うと言うことがあげられます。このため、秋になって空気が乾燥してくると風邪や鼻炎、喘息といった呼吸器疾患が問題になってきます。ほかにも、皮膚も呼吸器に含まれますので、乾燥肌やアトピー性皮膚炎なども悪化しやすい季節といえます。

 特に、近年はエアコンが普及していますので、一年中空気が乾燥しやすいものですが、外気も乾燥してくる秋は、ますます「肺」の潤いを保つことが重要になってきます。

 乾燥対策としては、マンションなどの密閉された空間でエアコンを使用しているような環境では、加湿器の利用なども考えられますが、手軽な方法としては部屋の中に観葉植物を置くことでお部屋の乾燥をある程度防ぐことが出来ます。

 食べ物では、梨やハチミツ、ゆり根などは肺に潤いを与えてくれますし、乾燥が気にならない人でも1日に何回かは公園など空気の綺麗な場所で深呼吸をすることで「肺」の「気」を高めることが出来ます。

 また、乾燥肌の人でこの時期になると皮膚がかゆくなる人は、お風呂につかっていると皮膚が潤って気持ちが良いものですが、長風呂は禁物です。お風呂に長くつかることで、皮脂と呼ばれる皮膚を守っている成分が洗い流されてしまって、お風呂から上がるとますますお肌の乾燥がすすむからです。

 更に、空気の乾燥によりのどが痛くなったり、空気が変わると発作的に咳が出るといった時には、うがい薬などを使うよりも、のどの粘膜を潤わせる作用のある漢方のシロップがお勧めです。(新薬には、のどの粘膜を潤わせることでこれらの症状を予防または治療するという薬は存在しません)

おすすめの漢方薬
・八仙丸(はっせんがん)
・麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)
・当帰飲子(とうきいんし)
・潤肺糖漿(じゅんぱいとうしょう)

 など

1ヶ月分のご予算
・6,000円〜10,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・香西洋参(しゃんせいようじん)
・紅沙棘(ホンサージ)
・サメミロン

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と季節の症状

漢方薬と季節の変わり目

漢方薬と春の養生法

漢方薬と花粉症

漢方薬と梅雨の養生法

漢方薬と夏の冷え性(クーラー病)

漢方薬と夏風邪

漢方薬と熱中症

漢方薬と秋の養生法

漢方薬と冬の養生法

漢方薬とウイルス

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と秋の養生法トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。