大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と女性の症状 > 漢方薬とおりもの

漢方薬とおりもの


 「おりもの」とは、子宮や膣から分泌される粘液状のものを指し、膣内を雑菌から守ったりする役割があります。また、その分泌量は、生理の周期と共に増減し、一般的に排卵期には増加します。また、女性ホルモンに左右されるために、40歳を過ぎる頃から、だんだんと減少していきます。

 基本的に、適度な量の白色〜透明の「おりもの」については、問題になりませんが、量が異常に多いとか、臭いがきつい、黄色や赤い色が混じるなどの場合は治療の対象となります。

 漢方では「おりもの」のことを帯下(こしけ、たいげ)と言いますが、正常ではない「おりもの」について、その色調や程度およびその方の体質をもとにして、いくつかのパターンに分けて治療していきます。特に、細菌感染や子宮癌など、西洋医学的な検査で特に異常が見つからない場合は、婦人科的な疾患というよりも体質的な歪みが原因となって「おりもの」の異常が見られますので、漢方薬によって体質を改善していくことが「おりもの」だけでなく全身的な健康状態を回復するためにも有効です。

 次に、よく見られる、正常ではない「おりもの」のパターンを挙げておきます。漢方では、まず「おりもの」(帯下)のタイプとその方の体質の二つを総合的に考えて、適切な処方が決められます。(特に外陰部の痒みが強かったり、下腹部痛、発熱などを伴う場合は、細菌感染などが疑われますので、その場合は婦人科などを受診されることをお勧め致します。)

胃腸虚弱タイプ
あまり臭いが強くない、どろっとした白色または、希薄で臭いのない黄色味がかった「おりもの」が多い状態が続くというタイプです。体質的には胃腸が弱く、むくみやすく、疲れやすいという方に多く見られます。また、疲労することにより「おりもの」の量が増えるというタイプで、日本人に多く見られるタイプです。

冷え症タイプ
無臭の薄くてさらっとした白色の「おりもの」が多く出るもので、おなかや手足が冷える、足や腰がだるい、頻尿又は尿の回数が少ないなどの症状を伴います。

ぽっちゃりタイプ
どろっとした白色の「おりもの」が多く出るとともに、午前中は体がだるい、胃腸の調子が悪くなりやすい、痰が出やすい、のどに異物感がある、口の中が粘るといった自覚症状を伴うタイプです。どちらかというと、水太り体質の方に多く見られますが、必ずしも太っているとは限りません。

ストレスタイプ
粘りけが強く、臭いもきつい「おりもの」で、白色または、時に血の色(赤色)が混じります。下腹部に張りがあって痛んだり、生理前になると胸や脇が張って痛む、憂うつ感やイライラなどの神経症状を伴うタイプです。

乾燥肌タイプ
うすくて量も多い「おりもの」で、色は白色または血の色(赤色)が混じります。陰部の乾燥感や灼熱感を伴うほか、耳鳴り、尿が濃い、口の中が苦い、膝や腰がだるいといった自覚症状を伴うタイプです。

◎ワンポイントアドバイス
「おりものシート」の販売が年々伸びているそうですが、日本人に最もよく見られる「胃腸虚弱タイプ」の方は、普段の食生活で、冷蔵庫から出したてのペットボトルに入った飲み物や、アイスクリームといった冷たい飲み物、食べ物を控えることで、改善しやすくなります。

 また、ストレスタイプの方は、過度の飲酒や唐辛子などの辛いものを食べると症状が悪化しやすいので注意が必要です。こういった方にはハッカやミント類、柑橘系のものを適度に摂ることをお勧めします。また、漢方のカウンセリング療法の一つである「五志相勝療法」によると、イライラが強い方は「感情的に涙を流す」事によって、ストレスがほぐれます。

おすすめの漢方薬
・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)
・真武湯(しんぶとう)
・星火健脾散(せいかけんぴさん)
・星火健胃錠(せいかけんいじょう)
・竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

 など

1ヶ月分のご予算
・8,000円〜12,000円


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と女性の症状

漢方薬と更年期障害

漢方薬と子宮筋腫

漢方薬と子宮内膜症

漢方薬とシミ

漢方薬とシワ

漢方薬と生理痛

漢方薬とたるみ

漢方薬と大人のにきび

漢方薬と貧血

漢方薬と不妊症

漢方薬とむくみ

漢方薬とおりもの

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と不妊症トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。