大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。健康相談、サプリメント、健康カウンセリングの漢方薬専門店。 大阪府道修町の漢方薬局 - 漢方マルヘイ薬局
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と気になる症状 > 漢方薬とVDT症候群(パソコンによる様々な疲れ)

漢方薬とVDT症候群(パソコンによる様々な疲れ)


 VDTとはVisual Display Terminalの頭文字ですが、パソコンの普及につれて、仕事や趣味で多くの時間をパソコンのディスプレイを見ながら過ごす方が増えています。

 これに伴い、長時間に渡って意識を集中してパソコンの画面を見つめることで、VDT症候群とよばれる様々な症状を呈する方が増加していますが、主な症状としては

1)眼の症状
眼精疲労、ドライアイ、かすみ目、充血、視力低下など

2)肩や腰
肩こり、腰痛、手首や指の痛みなど

3)精神神経症状
頭痛、睡眠障害、イライラ、抑うつなど

4)胃腸症状
お腹の張り、ガス、食欲不振など

 などが挙げられています。

 一見すると、全身の様々なところに症状が発生するわけですが、漢方薬局の立場からこの病態を考えてみると、「意識を集中して、パソコンの画面を長時間見る」という行為は、五臓六腑の「肝」と「腎」に負担がかかると言えます。

 漢方の基礎理論では、「肝は目に開竅(かいきょう)する」とされ、「目」と「肝」はつながっています。また、「肝は筋膜をつかさどる」と言われ、「肝」の緊張は、筋肉の緊張(腰痛、肩こり)の原因となります。更に、「肝」は「疏泄(そせつ)作用」と言って、全身の「気」や「血」のスムーズな循環をコントロールしていますので、「肝」に負担がかかるとイライラや抑うつ感などの神経症状が発生しやすくなります。

 一方、「腎」は「作強(さっきょう)の官」といわれ、「腎」は意識を集中してなにかをやり遂げようとするパワーの源であるとされています。また、「肝」と「腎」の関係は、五行説では「木」と「水」の関係になりますので、根を詰めて作業をする事で「腎(=水)」が消耗し、このことが「肝(=木)」の機能低下を起こしやすくなり、「肝」と関連のある「目」、「筋肉」、「自律神経」などの症状の悪化を招きます。

 よって、VDT症候群の治療としては「肝」と「腎」を補ったり、調節していくことが基本になりますが、症状の種類や強弱、「肝」や「腎」のコンディションの状態によって用いられる処方は変わってきます。

 ビタミン剤や点眼薬を常用しても、体がすっきりしないという方は、「肝腎かなめ」の「肝」と「腎」をパワーアップする漢方薬を試されることをお勧め致します。

おすすめの漢方薬
・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・冠元顆粒(かんげんかりゅう)
・冠脈通塞丸(かんみゃくつうそくがん)
・救心感応丸氣(きゅうしんかんのうがんき)
・金匱腎気丸(きんきじんきがん)
・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
・四逆散(しぎゃくさん)
・星火逍遙丸(せいかしょうようがん)
・能活精(のうかっせい)
・抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)
・霊黄参(れいおうさん)
・ビイレバーキング

 など

1週間分のご予算
・6,000円〜40,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・ニューアイリタン
・中南海 天眼(ちゅうなんかい てんえん)
・忘憂歓(ぼうゆうかん)
・新五浄心(しんごじょうしん)
・文山三七(ぶんざんさんしち)

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と気になる症状

漢方薬と肩こり

漢方薬と髪の毛

漢方薬と眼精疲労
漢方薬と急性の頻尿

漢方薬と口臭

漢方薬とじんましん

漢方薬と男性の更年期

漢方薬と寝汗

漢方薬とのどの異物感

漢方薬と乗り物酔い

漢方薬とまぶたがぴくぴくする症状

漢方薬と慢性の口内炎
漢方薬とくちびるの乾燥

漢方薬と耳鳴り
漢方薬と鼻づまり(蓄膿症)

漢方薬とVDT症候群(パソコンによる様々な疲れ)
漢方薬とイライラ

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と眼精疲労トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。