大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。健康相談、サプリメント、健康カウンセリングの漢方薬専門店。 大阪府道修町の漢方薬局 - 漢方マルヘイ薬局
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と気になる症状 > 漢方薬と急性の頻尿

漢方薬と急性の頻尿


 頻尿とは、尿の回数が増えて尚かつ不快に感じるということですが、急に尿の回数が増えてきたという場合には、漢方的にはいくつかの原因が考えられます

「寒凝下焦」タイプ 
 冬の寒い時期や、夏場でもクーラーの影響を受けて発症するもので、「冷え」によるものです。もともと冷え(漢方では「寒邪」)は下半身に影響を与えやすく、寒邪が「腎」や「膀胱」に影響し、排尿の機能を乱すために発生します。

 このタイプでは、頻尿のほか尿意切迫、残尿感を伴いますが、尿そのものは色が薄く、濁ってもいないのが特徴で、下半身の冷えを伴います。また普段から冷え症の方や血の気の少ない方に多く見られます。

 西洋医学的な検査でも細菌が認められないことが多く、その場合は抗生物質は無効ですが、漢方的には体をあたためて冷えを除く処方で対処します。(尤も、このタイプの女性は細菌感染を起こしやすく細菌性の膀胱炎になりやすいですし、一回でも細菌性の膀胱炎を起こした人は、冷えによってこのタイプの頻尿になりやすいとも言えます)

「膀胱湿熱」タイプ
 漢方的には「湿熱の邪」が膀胱を侵すことで発症すると考えられますが、細菌性の膀胱炎がこれにあたります。(ただし、必ずしも細菌が存在しているとは限りません)

 このタイプの特徴は、排尿の際に排尿痛や尿道の灼熱感を伴い、尿も混濁していて、発熱を伴うこともあります。

 漢方的には熱を冷ましながら湿熱の邪を尿とともに排泄させるような処方を用います。

「肝鬱気滞」タイプ
 精神的ストレスや緊張によって生じるもので神経性のものです。バブル崩壊の過程で、銀行員の中に頻尿を訴える患者さんが急増したとして、東京の丸の内の泌尿器科の医師が「丸の内症候群」と名付けたというのをテレビで見たことがあります。

 このタイプの特徴は、尿量が少ないにもかかわらず頻尿、残尿感などがあり、尿の混濁などは見られず、ストレスの増大により頻度が増すということです。また、頻尿以外にもイライラや睡眠障害、胃腸症状なども同時に訴えることが多いのも特徴です。

 また、ストレスがかかることによって、睡眠中のレム睡眠と呼ばれる半覚醒状態の時に神経が緊張して目が醒めやすくなります(→「漢方薬とストレス・睡眠障害」参照)が、同時に神経の緊張から尿意をもよおす事があります。こういった場合に「おしっこに行きたくて目が醒めた」と思いこみやすいのですが、実際は、同じ原因〜神経の緊張〜によって目が醒めるとともに尿意も感じるという事です。(夜間頻尿というのは漢方でいう「腎虚」により発生しますが、その場合、昼間はどちらかというと尿の回数は減ります)

 このストレスタイプの頻尿は、男性の場合ですと神経性の前立腺炎になって慢性化することもありますが、頻尿以外に精神的な症状が多く見られるのが特徴で、漢方的には、気の流れをスムーズにするという事で対処します。

おすすめの漢方薬
・救心感応丸氣(きゅうしんかんのうがんき)
・四逆散(しぎゃくさん)
・逍遥散(しょうようさん)
・猪苓湯(ちょれいとう)
・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
・竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)

 など

1ヶ月分のご予算
・4,000円〜8,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・ヴァレリアンネオ
・シベリア人参
・人参乾姜粒(にんじんかんきょうりゅう)

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と気になる症状

漢方薬と肩こり

漢方薬と髪の毛

漢方薬と眼精疲労
漢方薬と急性の頻尿

漢方薬と口臭

漢方薬とじんましん

漢方薬と男性の更年期

漢方薬と寝汗

漢方薬とのどの異物感

漢方薬と乗り物酔い

漢方薬とまぶたがぴくぴくする症状

漢方薬と慢性の口内炎
漢方薬とくちびるの乾燥

漢方薬と耳鳴り
漢方薬と鼻づまり(蓄膿症)

漢方薬とVDT症候群(パソコンによる様々な疲れ)
漢方薬とイライラ

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と男性更年期トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。