大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と胃腸の症状 > 漢方薬と痔

漢方薬と痔


 「痔」というと、腫れや痛み、出血という症状から、坐薬(ざやく)や軟膏などの外用薬を思い浮かべられる方は多いと思いますが、外傷やケガと違って、「痔」はあくまで体の中の問題が原因で発生します。

 坐薬や軟膏などの外用薬は一時的な効果は期待できますが、根本的な解決にはつながりません。「痔」でお悩みの方は是非一度、漢方薬による治療をお考えください。

■痔の原因と症状
 痔は日本人に多い病気で、主なものに痔核(いぼ痔)、切れ痔、痔瘻(じろう)があり、これで全体の9割くらいになります。

 その中でも、特に多く見られる痔核は、血液循環が悪くなるのが主な原因です。肛門の周りの静脈がうっ血し、いぼのように腫れるもので、内痔核、外痔核、脱肛があります。

 内痔核は出血はあるがいたみが痛みが少なく、外痔核は出血がなく痛みが強いのが特徴です。

■痔を治すために
 漢方では、痔の根本原因は全身的な血行不良(=淤血(おけつ))であると考えます。これを助長するのが精神的なストレスや、アルコール、たばこ、過労、睡眠不足などからくる肝臓の疲れとうっ血、それに冷えや運動不足とされています。

 痔の養生法に関しては、胃腸の調子を整え、便秘や下痢をしないようにすることが、まず最重要課題となります。痔の部位に対して物理的な刺激(便秘)や消化液などの化学的な刺激(下痢)だけでなく、便通の異常は全身の血流に悪影響を与えます。(「漢方薬と便秘」「漢方薬と下痢」参照)

おすすめの漢方薬
・浸膏槐角丸(しんこうかいかくがん)
・乙字湯(おつじとう)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・紫雲膏(しうんこう)

 など

1ヶ月分のご予算
・6,000円〜12,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・文山三七(ぶんざんさんしち)
・霊田七(れいでんしち)
・ラクシュミ
・イサゴール若葉
・リナグリーン21
・サメミロン
・ペリオチンS

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と胃腸の症状

漢方薬と胃の症状

漢方薬と「げっぷ」

漢方薬と下痢

漢方薬と痔

漢方薬と便秘
漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント


大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と痔トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。