大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬とアレルギー疾患 > 漢方薬と喘息

漢方薬と喘息


 漢方の考え方では、「肺」の正常な呼吸が何らかの要因で邪魔されることによって、咳が出て、咳を繰り返すことで更に「肺」がダメージを受けてしまい喘息が発症すると考えられています。(漢方では「喘症」と言って、西洋医学で言う喘息も、かぜなどで一時的にせよ呼吸困難を伴う咳がでる疾患も含みます)

 この「肺」の呼吸を邪魔する要因としてはいくつか挙げられ、それぞれに応じた処方が用いられますが、発作期と間欠期とも呼ばれる安定期でも処方が使い分けられます。

 次に、喘息の主な発症要因を挙げると

1) 外邪によるもの
 かぜと同じく、体の防御能力が低下しているときに冷えや急激な温度変化などの環境要因(外邪)によって発生するものです。一般的には「咳の出るかぜ」と捉えられますが、咳を繰り返すことで更なる体力の低下や、のどの粘膜が荒れてしまって、ちょっとしたことですぐに咳がでて、慢性化してしまうこともあります。

2) 胃腸の機能低下によるもの
 もともとの体質的な問題や飲食の不摂生、ストレスの影響などにより胃腸の機能が低下すると、「痰」と呼ばれる体にとって不要な水分のかたまりが発生して、これが呼吸の邪魔をすることで慢性的な咳が発生します。

 ※「痰」に関しては、漢方の概念では「脾は生痰の源、肺は貯痰の器」と言って、「痰」は胃腸(脾)の水分代謝異常が原因で発生し、「肺」に送られると考えられています。

 更に五臓六腑の関係では「大腸」は「肺」と表裏の関係にあり、便秘など「大腸」の状態は「肺」の機能に影響を与えます。
  
3)ストレスによるもの
 ストレスは「気」の流れに悪影響を及ぼしますが、「肺」は空「気」を取り入れる窓口になっており、「気」の流れの滞りや乱れは、「気」の入り口でもある「肺」の機能を邪魔して咳が発生します。検査をしてもアレルギー反応がでないといった成人になってから発症する喘息に多く見られます。もっとも、長期間にわたるストレスは胃腸の機能にも悪影響を与えることから、Aのタイプと重なることもあります。

4)老化などによるもの
 老化は、漢方では「腎」の衰え(=腎虚)と捉えますが、「腎」は呼吸に関しては主に「吸気」に関わっており、「腎」の衰えは呼吸機能の低下を招きます。(因みに漢方の考え方では「肺」は主に「呼気」に関わっています)

 以上、喘息につながる主な要因を挙げましたが、ポイントは体内に発生した病理産物である「痰」が、肺の呼吸機能を妨害し、「痰」を排泄しようとして咳を繰り返すのが喘息ですので、「咳を止める」ことよりも「痰」が発生しないようにすることの方が重要であると言うことです。

 この点が西洋医学的な治療と最も違う点で、重症の発作期などは、西洋医学的な治療も有効ですが、間欠期とも呼ばれる安定期に漫然と気管支拡張剤やステロイドの吸入を使用することは、漢方的に考えれば「痰」の排泄を阻害し、体内に「痰」がますます蓄積していくことで難治性の喘息になる危険性もあると考えられています。

おすすめの漢方薬
・衛益顆粒(えいえきかりゅう)
・金匱腎気丸(きんきじんきがん)
・香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
・五虎湯(ごことう)
・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
・星火温胆湯(せいかうんたんとう)
・双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)
・麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)
・八仙丸(はっせんがん)
・平喘顆粒(へいぜんかりゅう)
・麻杏止咳錠(まきょうしがいじょう)

 など

1ヶ月分のご予算
・6,000円〜18,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・サメミロン
・シベリア霊芝
・香西洋参(しゃんせいようじん)
・晶三仙(しょうさんせん)
・冬虫夏草(とうちゅうかそう)

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬とアレルギー疾患

漢方薬とアトピー性皮膚炎

漢方薬と花粉症

漢方薬と喘息
漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント


大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と便秘トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。