大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と生活習慣病 > 漢方薬と糖尿病

漢方薬と糖尿病


 糖尿病は、初期の段階では自覚症状に乏しく見落とされがちですが、40歳以上の10人に1人が糖尿病ともいわれており、境界域の人も含めると1,400万人以上という推計もあるほどです。血糖値が高いからといって、すぐに重篤な問題が生じるわけではありませんが、糖尿病で特に問題になるのは高血糖状態が続くことで生じる様々な合併症で、新薬などで血糖値をコントロールできたとしても合併症を防ぐことは難しいとされています。

 糖尿病に関しては漢方でも古くから「消渇(しょうかち)病」、即ち口が渇いて多飲多食するも尿が増えて体が痩せてくる病として認識されていましたが、基本的にはもともと「素体陰虚」とよばれる陰陽のバランスが失調した人に、飲食の不節制(飲酒、美食など)とストレスが重なり発症すると考えられています。

 漢方治療の原則としては、A:自覚症状のないまま血糖値のみが高い状態や、B:口渇、多飲、多食、多尿といった消渇病特有の症状が現れている状態、C:合併症 など、その方の状況に応じて根本的な体質改善をはかることを目標にします

A.口渇多尿など、糖尿病特有の症状がなく血糖値のみ高い(境界型も含む)
脾虚湿滞タイプ
日本人の糖尿病に多く見られるタイプで「脾」即ち胃腸が弱く、食欲不振、疲れやすい、下痢または便秘しやすいなどの自覚症状があるタイプ。
湿熱中阻タイプ
普段から飲酒量が多い、暑がりで汗をよくかく、顔面紅潮、口の中が粘ったり苦く感じる、口臭が強い、下痢または便秘がちなどの自覚症状があるタイプ。
脾虚肝欝タイプ
慢性的なストレスで胃腸の調子が悪い、お腹が張る、食欲減退、軟便または便秘しやすい、体が重だるいなどの自覚症状があるタイプ。
脾腎陽虚タイプ
疲れやすい、めまいや頭重感、手足の冷え、頻尿、足腰の痛み、下痢気味、むくみやすいなどの自覚症状があるタイプ。

B.消渇病
上消
口渇が強く、水分を多く飲んでも口渇がとれないタイプで、「肺陰虚」ととらえて治療します。
中消
口渇だけでなく空腹感が強く、多食するが痩せてくる、便秘するタイプで、「胃陰虚」ととらえて治療します。
下消
頻尿、多尿、尿の濁り、口渇、腰や膝がだるい、疲れやすい、不眠などの自覚症状があるタイプで、体質や自覚症状から「腎気不固」「気陰両虚」「肝陽亢盛」「心火亢盛」などに分けて治療していきます。
脾腎陽虚タイプ
疲れやすい、めまいや頭重感、手足の冷え、頻尿、足腰の痛み、下痢気味、むくみやすいなどの自覚症状があるタイプ。

B.糖尿病の合併症
糖尿病性網膜症
網膜にある直径0.1mmくらいの毛細血管が損傷を受けて出血したりするもので進行すれば失明の恐れもあります。その方の体質により、「陰虚燥熱」または「陰虚少津」などに分けて治療します。
糖尿病性腎症
腎臓の糸球体の毛細血管が損傷を受け、腎機能が低下していくことでタンパク尿や血圧の上昇、浮腫などの症状が発生し、腎不全にもつながりかねないものです。初期の段階では「腎気陰両虚」で、進行するに従って「心腎陽虚」「脾腎陽虚」などが多く見られ、これらを鑑別して治療します。
糖尿病性神経障害
原因は西洋医学的にも完全には解明されていませんが、高血糖状態が続くことにより、神経細胞が損傷を受けて発症します。運動神経が損傷を受けることで生じるしびれや痛み、自律神経が損傷を受けて生じる頑固な便秘や下痢などが生じますが、その方の体質にあった漢方治療で改善することが期待できます。

おすすめの漢方薬
・香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう
・牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
・麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)
・八仙丸(はっせんがん)

 など

1ヶ月分のご予算
・8,000円〜20,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・香西洋参(しゃんせいようじん)
・田七人参(でんしちにんじん)
・ノンシュリン
・カイアクロン
・グルコパス

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と生活習慣病

漢方薬と癌・免疫

漢方薬とストレス・睡眠障害

漢方薬と高血圧

漢方薬と糖尿病

漢方薬と慢性肝炎

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と糖尿病トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。