大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と生活習慣病 > 漢方薬と慢性肝炎

漢方薬と慢性肝炎


 西洋医学では、肝炎は病因によってウイルス性、アルコール性、薬剤性などに分類され、その経過によって急性、慢性などにも分けられますが主として肝細胞の炎症の状態を中心に治療していきます。

 漢方では単純に「肝」の炎症という捉え方よりも、「熱邪」や「湿邪」といったものが体内に入り込んできて、特に「脾胃」(=胃腸)の機能低下を中心として、「肝」や「腎」に影響が及ぶ病態と捉えて治療していきます。特に自覚症状や舌の色や苔の状態を参考にしながら、大きく分けると5つくらいのタイプに分けて治療していきます。それぞれのタイプにあった漢方薬を服用することで、自覚症状の改善が得られれば、肝機能の数値も低下していきます。

肝気鬱結タイプ
主症状:右の脇腹やお腹が張る、イライラしやすい
舌質 :辺縁部が紅
脾気虚弱タイプ
主症状:倦怠感、無力感が強い、食用不振、軟便
舌質 :淡
肝腎陰虚タイプ
主症状:微熱(特に夕方から夜)、ほてり、口や喉の乾燥感
舌質 :紅〜深紅、無苔
脾腎陽虚タイプ
主症状:腹水、顔面蒼白、尿量減少
舌質 :淡
血淤タイプ
主症状:顔色や口唇の色が黒っぽい、クモ状血管腫
舌質 :紫暗

 また、肝硬変に対しては西洋医学的に言う代謝期、非代謝期をそれぞれ「気滞血淤」「肝腎陰陽両虚」と捉えて治療します。

おすすめの漢方薬
・霊黄参(れいおうさん)
・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)
・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
・プラセンタエキス
・アミノ酸製剤

 など

1ヶ月分のご予算
・8,000円〜40,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・田七人参(でんしちにんじん)
・サメミロン
・ペリチオン
・インターパンチ
・シベリア霊芝(しべりなれいし)
・アガリクス製剤

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と生活習慣病

漢方薬と癌・免疫

漢方薬とストレス・睡眠障害

漢方薬と高血圧

漢方薬と糖尿病

漢方薬と慢性肝炎

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と慢性肝炎トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。