大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と季節の症状 > 漢方薬と梅雨の養生法

漢方薬と梅雨の養生法


 梅雨の時期は、当たり前ですが雨が多く湿気が高くなります。漢方的に考えると、この時期のポイントは「湿邪」にあります。

 「湿邪」とは、読んで字の通り体に悪影響を与える湿気のことです。漢方では体に影響する環境因子を六淫(りくいん)と呼び、「風」「寒」「暑」「湿」「燥」「火」の6種類に分類しますが、梅雨時に特に問題になるのが「湿」です。

 「湿邪」の特徴は、胃腸の機能に悪影響を与えることと、「気」の流れを邪魔することです。また、普段から胃腸が弱くて、体内に余分な「湿」を抱えている方は、余計に「湿邪」の影響を受けやすくなります。

 「湿邪」の影響で起こりやすい症状としては

・体が重だるい(特に午前中)
・関節や筋肉が動かしにくい
・顔や手足がむくむ
・食欲不振や食後におなかが張る
・口の中が粘る
・痰がよく出る
・神経痛の痛みが強くなる

などが挙げられます。

 また、この時期は暑くなってくるため、つい冷たいものをとりがちになりますが、その結果胃腸を冷やすことで、ますます「湿邪」の影響を受けやすくなりますので、注意が必要です。

 梅雨時の養生法としては、極力、生ものや冷たいものを控えて、胃腸の陽気(パワー)を守ることが最重要課題となります。もちろん、辛いものやお酒も、過度にとることで胃腸を弱めますので注意が必要です。また、既に胃腸が弱い方で口の中が粘るような場合は、冷たい水でうがいだけして、飲み込まないようにしないと、ますます口の中が粘ることになります。

 それでなくても、現代の日本人の食生活は「生冷過食」(生ものや冷たいものの摂りすぎ)ですが、この梅雨の時期は、特に温かくて消化の良い食事を心がける事が重要です。

 また、この時期に体がだるくなったり胃腸の調子が悪くなるに方は、胃腸の働きを活発にして余分な水分を体内にため込まないようにする処方などが用いられます。また下痢を伴うかぜには、一般の風邪と違って夏風邪専用といって良いような処方が用いられます。

おすすめの漢方薬
・香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)
・加味平胃散(かみへいいさん)
・勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)

 など

1ヶ月分のご予算
・6,000円〜12,000円


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と季節の症状

漢方薬と季節の変わり目

漢方薬と春の養生法

漢方薬と花粉症

漢方薬と梅雨の養生法

漢方薬と夏の冷え性(クーラー病)

漢方薬と夏風邪

漢方薬と熱中症

漢方薬と秋の養生法

漢方薬と冬の養生法

漢方薬とウイルス

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と梅雨の養生法トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。