大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と季節の症状 > 漢方薬と夏風邪

漢方薬と夏風邪


 大阪はもはや亜熱帯ではないかというくらい、ここ数年猛暑が続いています。この時期になると、昼間は汗だくで、冷たいものをたくさん飲み、一晩中クーラーをつけっぱなしという方も多いと思います。

 こういった状況〜汗をかく、胃腸を冷やす、クーラーにひたる〜が続くと体に悪影響を及ぼします。

 漢方の考え方では、汗をかくと言うことは、体から「陰分(=水分)」とともに「気」も漏れていってしまうと考えられています。「気」を消耗すると言うことは、体がだるくなったりするだけでなく、抵抗力も低下していきます。更に、陰分の消耗は血液が粘っこくなって、血流が悪くなる原因ともなります(脳梗塞など、夏場に多いのもこのためです)。

 また、冷たいものの飲み過ぎは、胃腸を冷やして、胃腸が本来しなければいけない「食べ物を消化して、体に必要な栄養素を取り込む」ことがおろそかになるばかりか、むくみの原因になったり、胃腸から発せられる「気」のエネルギーが低下して、体の防御力の低下を招いてしまいます。

 クーラーに関しては、空気が冷えるだけではなく乾燥するため、寝ている間にのどがカラカラになって炎症を起こしてしまったりします。

 以上の3つの要因が重なると、夏風邪を引いてしまいますが、夏の風邪には発汗作用の強い麻黄を含んだ葛根湯などの処方は、あまり使われません。ただでさえ、汗がいっぱい出る季節に発汗作用のある葛根湯などを用いると、汗とともに「気」も抜けて、余計に体がだるくなってしまうことがあるからです。

 また、夏風邪は、下痢やむくみといった胃腸症状を伴うことが多く、冬場の風邪と違って、体を温めるよりも胃腸の水分代謝機能の改善に重点を置いた処方が用いられます。

 また、クーラーによるのどの痛みには、単純な抗炎症剤よりも、のどの粘膜に潤いを与えることでのどの痛みをとる漢方処方が用いられます。

おすすめの漢方薬
・勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)
・参蘇飲(じんそいん)
・潤肺糖漿(じゅんぱいとうしょう)

 など

4〜5日分のご予算
・1,200円〜2,500円

おすすめの健康食品・サプリメント
・板藍根・羅漢果顆粒(ばんらんこんらかんかかりゅう)
・プロポリスキャンデー

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と季節の症状

漢方薬と季節の変わり目

漢方薬と春の養生法

漢方薬と花粉症

漢方薬と梅雨の養生法

漢方薬と夏の冷え性(クーラー病)

漢方薬と夏風邪

漢方薬と熱中症

漢方薬と秋の養生法

漢方薬と冬の養生法

漢方薬とウイルス

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と夏風邪トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。