大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と季節の症状 > 漢方薬と花粉症

漢方薬と花粉症


 そもそも花粉のような基本的に無害なものに対して過剰に反応し、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状がでるのはその方の衛気不足が原因ですが、同じ花粉症と言っても漢方的に見た場合、大きく分けると3つのパターンに分かれます。

1.寒飲阻肺タイプ
 朝起きたときから、くしゃみを連発して、一日中薄い鼻水がタラタラあふれ出てきて、ティッシュが何枚有っても足りないというタイプです。数年前までは、花粉症と言えばこのタイプの方が圧倒的に多く見受けられました。

 基本的に「冷え」と「余分な水分」を体の内部に持っている人で、新薬の抗アレルギー剤を服用すると、眠気やだるさが強く出るタイプです。漢方では不要な水をさばいて鼻炎をおさえる処方を中心に使います。

2.熱因阻肺タイプ
 1のタイプに似ていますが、午前中は鼻水が中心でも、昼頃からだんだんと鼻水よりも鼻づまりの症状が強く出てくるタイプで、同時に目のかゆみなども生じるタイプです。新薬の抗アレルギー剤などを使うと、鼻の症状はマシになりますが、目のかゆみがかえって強くなったりもします。

 このタイプの人には、1番目のタイプに用いる処方にプラスして、かゆみや炎症を抑える処方をプラスします。

3.気陰両虚タイプ
 中年以降になってから発症する方に多く見られるタイプで、鼻水よりも、鼻の乾燥感、痒み、鼻づまりなどが強く、目や耳まで痒くなることもあります。

 普段から、ストレスを強く受けている、お酒をよく飲む、唐辛子など辛いものを好むといった方に多く見受けられます。漢方では粘膜の潤いを増す処方をベースに、痒みを抑える処方を加えたりします。

 以上、花粉症で良く見受けられる3つのパターンを挙げましたが、共通しているのは衛気不足から粘膜のバリア機能が低下している点と漢方的に見て胃腸の機能に問題があり、飲酒や唐辛子などの刺激物や冷たいものを摂取することで症状が悪化するということです。また、同じ人でも寒い時期と暖かい時期では異なる症状を呈することもありますし、ストレスの影響でかゆみが強く出ることもあります。

おすすめの漢方薬
・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
・銀翹散(ぎんぎょうさん)
・鼻淵丸(びえんがん)
・鼻淵膏(びえんこう)
・衛益顆粒(えいえきかりゅう)

 など

2週間分のご予算
・3,000円〜8,000円

花粉症の予防
 花粉症の予防というと、マスクの着用などを思い浮かべられると思いますが、上にも書いたとおり、花粉症の発症には「衛気不足」が大きく関与していることから、最低でも発症の1ヶ月くらい前から衛気を増強する処方を服用することで、花粉症の発症そのものを予防、または発症しても症状を軽減させることが可能です。(漢方理論では「衛気」こそ、体中の皮膚や粘膜を守ってくれている目には見えないマスクのようなものです)

 また、衛気不足は、花粉症のみならず以下に挙げる様々な症状の原因ともなります
・疲れやすい
・息切れしやすい
・冷房に弱い
・風邪を引きやすい
・汗をかきやすい
・じんましんがでやすい

 花粉症以外にもこれら衛気不足による自覚症状のある方は、衛気を増強することでこれらの症状も改善していきます。

おすすめの漢方薬
・衛益顆粒(えいえきかりゅう)
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
・八仙丸(はっせんがん)

 など

1ヶ月分のご予算
・6,000円〜12,000円



大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と季節の症状

漢方薬と季節の変わり目

漢方薬と春の養生法

漢方薬と花粉症

漢方薬と梅雨の養生法

漢方薬と夏の冷え性(クーラー病)

漢方薬と夏風邪

漢方薬と熱中症

漢方薬と秋の養生法

漢方薬と冬の養生法

漢方薬とウイルス

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と花粉症トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。