大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と女性の症状

漢方薬と女性の症状


漢方は女性の味方である理由
 婦人病に関しては漢方が最も得意な分野のひとつです。生理、妊娠、出産、授乳、更年期などで変調をきたしやすいデリケートな女性の体に漢方がよく効きます。

 女性の体に関しては、漢方では古くから次のようなことが言われています。

「婦人にはまず経を問え」
 古来、漢方医学の世界では女性の生理は体内の状況が体外に現れる唯一の手がかりとされ、生理の状況(「周期」「経血量」「経血の色調、血塊の有無」「生理痛の状態」)を聞けばその方の健康状態やバランスの悪いところなどを推察することが出来るとされています。

「女性は7年ごとに歳をとる」
 漢方のバイブルともいうべき約2000年前に書かれた「黄帝内経」には「女性は7歳で永久歯が生え始め、14歳で生理が始まり、21歳で体の機能が総て整い、28歳で筋骨も強固となり髪の毛の成長もその極みに達し、35歳で衰え始め顔や毛髪につやが無くなり始め、42歳でしわが多くなり髪の毛も白くなり始め、49歳で生殖の原動力たる生理がなくなる」というような事が書かれています。

「女性は常に多欝(うつ)
 これはちょっと難しい話しになりますが、女性は生理などで体内の血を失いやすく、この事は血の塊である「肝」の機能の失調を起こしやすくさせます。五臓六腑のうちで「肝」は、全身を「気」と「血」がスムーズに流れるように調節をしている所とされていますので、「肝」の機能失調は「気」の流れの停滞(イライラ)や「血」の流れの停滞(生理不順など)を引き起こします。また、反対にストレスなどで「気」の流れが滞ることでも「肝」に影響し生理痛などの原因となります。


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と女性の症状

漢方薬と更年期障害

漢方薬と子宮筋腫

漢方薬と子宮内膜症

漢方薬とシミ

漢方薬とシワ

漢方薬と生理痛

漢方薬とたるみ

漢方薬と大人のにきび

漢方薬と貧血

漢方薬と不妊症

漢方薬とむくみ

漢方薬とおりもの

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と女性の症状トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。