大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と女性の症状 > 漢方薬とたるみ

漢方薬とたるみ


 人は年を重ねていくごとに、全身の筋肉やお肌の張りというものがなくなっていきますが、女性にとってやっかいなのは首筋のたるみです。顔のくすみなどは、お化粧である程度は隠すことができても、首筋のたるみだけはどうにもなりません。

 このたるみを改善するためには、当たり前のようですが老化防止ということが重要になってきます。年をとれば老化するのは当たり前でも、養生次第で老化を遅らせたりすることは可能ですし、また反対に老化が早まることも考えられます。

 漢方の考え方では、老化は即ち「腎」の老化(=腎虚)と考えられていますので、この「腎」の老化を防ぐ「補腎薬」と呼ばれる生薬や処方が使われますが、冷え症か、ほてり症かによって次のように分かれます。

1.腎陽虚タイプ
 
 下半身を中心に冷え症で腰やひざがだるいという方で、基本的な処方としては金匱腎気丸ですが、強力版としては鹿茸などの入った参茸補血丸などの処方も用いられます

2.腎陰虚タイプ

 手のひらや足の裏などがほてった感じがする、口の中が乾きやすい、歩いているとかかとの裏に痛みを感じるというタイプで、瀉火補腎丸や杞菊地黄丸といった処方が基本になります

 また、お肌と老化ということから考えると、お肌は五臓六腑では「肺」にあたるため、「腎」とともに「肺」を補い、全身的な老化予防だけでなく、特に美容面での老化予防に効果があるものとしては冬虫夏草や胎盤エキスなどもよく使われます。

 サプリメントでは更年期の女性を中心に人気なのが大豆イソフラボンで、女性ホルモン様の作用があって、更年期ののぼせ、ほてりのほか、お肌の潤いや、首筋のたるみに効果があります。

 もちろん、「シミ」や「シワ」のところでも書きましたが、「気」や「血」の流れがスムーズであってこそ必要な栄養素がお肌に運ばれますので、「気」の流れの停滞や「血」の不足などがあれば、同時にそれらを改善していく必要があります。

おすすめの漢方薬
・金匱腎気丸(きんきじんきがん)
・参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
・瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)
・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)

 など

1ヶ月分のご予算
・8,000円〜15,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・イソフラボーン
・アクトザイム
・人参乾姜粒

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と女性の症状

漢方薬と更年期障害

漢方薬と子宮筋腫

漢方薬と子宮内膜症

漢方薬とシミ

漢方薬とシワ

漢方薬と生理痛

漢方薬とたるみ

漢方薬と大人のにきび

漢方薬と貧血

漢方薬と不妊症

漢方薬とむくみ

漢方薬とおりもの

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬とたるみトップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。