大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と女性の症状 > 漢方薬と子宮内膜症

漢方薬と子宮内膜症


 子宮内膜症は子宮内膜組織が卵巣や卵管などに発生し、生理の度に増殖や出血を繰り返す病気です。問題は、子宮内での出血と違って月経血のように出口がないために、血液がその場にたまっていき、新たに炎症などを引き起こしたり、癒着を生じたりすることです。

 漢方の考えでは、基本的に「精」や「血」が不足している「腎虚」の方に、主に冷え=「寒邪」が侵入して発生した淤血(おけつ=「血」の滞り)というとらえ方をします。

激しい生理痛が特徴
 生理の時には、寝込んでしまうこともあるほどの激しい痛みを生じることが多く、生理時以外では癒着による肛門の下垂感や、子宮と直腸の間のダグラス窩というところに癒着を繰り返すことで硬結が生じると性交痛が発生したりします。また、癒着などによって子宮が腸側にひっぱられることで卵管がねじれたり細くなって不妊の原因になることもあります。

対症療法と根治療法
 漢方治療としては、基本的には生理痛や子宮筋腫の治療方法に準じて、淤血(おけつ=「血」の滞り)による生理痛を和らげることを優先しながら根本的な体質改善を図っていきます。

おすすめの漢方薬
・冠脈通塞丸(かんみゃくつうそくがん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
・平胃散(へいいさん)
・二陳湯(にちんとう)

 など

1ヶ月分のご予算
・5,000円〜18,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・田七人参(でんしちにんじん)
・インターパンチ
・爽月宝(そうげつほう)

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と女性の症状

漢方薬と更年期障害

漢方薬と子宮筋腫

漢方薬と子宮内膜症

漢方薬とシミ

漢方薬とシワ

漢方薬と生理痛

漢方薬とたるみ

漢方薬と大人のにきび

漢方薬と貧血

漢方薬と不妊症

漢方薬とむくみ

漢方薬とおりもの

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と子宮内膜症トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。