大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。健康相談、サプリメント、健康カウンセリングの漢方薬専門店。 大阪府道修町の漢方薬局 - 漢方マルヘイ薬局
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と気になる症状 > 漢方薬と耳鳴り

漢方薬と耳鳴り


 西洋医学的な検査でも原因がわからない事が多い耳鳴りですが、漢方では約2000年前に書かれた黄帝内経(こうていだいけい)という書物にも、耳鳴りについて記載されており、その後も歴代の医学書に於いて耳鳴りについて数多くとりあげられています。

 漢方の考え方では、「耳鳴り」は「難聴(耳聾)」の軽いものであると認識されていますが、中耳炎など細菌やウイルスの感染が原因でないものの多くは、急性に発生するものは五臓六腑の「肝」「胆」が、慢性的なものは「腎」との関連性が疑われます。

 耳鳴りは、音の大きさ(小さなものから轟音のように聞こえるものまで)や程度(耳を手でふさぐと音が聞こえなくなるものから、そうならないものまで)、音の種類(蝉の鳴き声、水の流れる音から雷鳴のようなものまで)、突然発生するものから、断続的に発生するもの、だんだんと悪化していくものまで様々なパターンがあります。

 漢方的な分類で、「耳鳴り」でよくみられるパターンは

1)急性のストレスタイプ
 強いストレスが原因で、顔を真っ赤にして怒るという様な状況下で発生するもので、「気」の滞りから「火」が発生して耳に影響を与える結果、大きな音の耳鳴りが発生します。

 耳鳴り以外には、口の中が苦くなったり、尿が濃くなる、イライラして寝付けないなどの症状を伴い、ストレスによって増悪します。

2)飲食の不摂生タイプ
 食生活で、脂濃いものやお酒、甘い物、味の濃いものなどを食べ続けることで、胃腸の機能低下を起こし、水分代謝の異常から「痰」とよばれる病理産物が発生し、この「痰」〜水あかのようなもの〜が邪魔をして発生する耳鳴りです。

 耳鳴りだけでなく、時に難聴気味になったりするほか、めまいや頭重感を伴います。また、口が粘ったり、便がすっきり出ないといった症状を伴います。

3)胃腸虚弱タイプ
 慢性的に胃腸が弱く、「気」のエネルギーが不足して、耳に十分な「気」や「血」が巡らないために発生するタイプです。

 普段から、食欲がない、食べた後に胃がもたれる、軟便傾向にあるなどの胃腸症状があり、疲労などにより症状が悪化します。また、人によっては「気」だけでなく、貧血など、「血」が不足してくる状況でも耳鳴りが発生します。

4)老化タイプ
 高齢者の方に多く見られるタイプで、五臓六腑で言えば「耳」と関連の深い「腎」が加齢によって衰えることで発生するタイプです。

 耳鳴り以外にも、腰や膝の痛み、頻尿などの症状を伴い、夜間に耳鳴りがいくぶん強くなる傾向が見られます。

おすすめの漢方薬
・活命参(かつめいさん)
・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
・耳鳴丸(じめいがん)
・瀉火補腎丸(しゃかほじんがん)
・清宮寿桃丸(しんぐうじゅとうがん)
・星火温胆湯(せいかうんたんとう)
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
・竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)
・鹿茸大補湯(ろくじょうたいほとう)

 など

1ヶ月分のご予算
・8,000円〜20,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・GBE-24
・人参乾姜粒(にんじんかんきょうりゅう)
・陽命源ゴールド(ようめいげんごーるど)
・霊芝(れいし)

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と気になる症状

漢方薬と肩こり

漢方薬と髪の毛

漢方薬と眼精疲労
漢方薬と急性の頻尿

漢方薬と口臭

漢方薬とじんましん

漢方薬と男性の更年期

漢方薬と寝汗

漢方薬とのどの異物感

漢方薬と乗り物酔い

漢方薬とまぶたがぴくぴくする症状

漢方薬と慢性の口内炎
漢方薬とくちびるの乾燥

漢方薬と耳鳴り
漢方薬と鼻づまり(蓄膿症)

漢方薬とVDT症候群(パソコンによる様々な疲れ)
漢方薬とイライラ

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と男性更年期トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。