大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。健康相談、サプリメント、健康カウンセリングの漢方薬専門店。 大阪府道修町の漢方薬局 - 漢方マルヘイ薬局
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と気になる症状 > 漢方薬とくちびるの乾燥

漢方薬とくちびるの乾燥


 冬場など空気が冷たく乾燥する時期は、くちびるは乾燥しやすくなりますが、そういった季節要因に関係なく、一年中くちびるの乾燥が気になるという方は意外に多いものです。

 一般的には漢方でいう「血虚(けっきょ)」=血の気が少ない状態では、くちびるや口の中が乾燥しやすくなりますが、漢方の考え方ではくちびるは五臓六腑の「脾=胃腸」と関係が深く、慢性的にくちびるが乾燥している方は主に次の2つのパターンが考えられます。

 これらのタイプでは、くちびるが乾燥する原因が身体の中にありますので、いくらリップクリームを塗っても根本的に改善することは期待できませんが、漢方薬で身体の中の状態を改善することで徐々にくちびるの乾燥は改善していきます。

○脾胃実熱タイプ
 くちびるの乾燥よりも赤く腫れたり、くちびるが切れたりすることが多いタイプです。原因としては普段から唐辛子などの辛いものや、あぶら濃いもの、アルコールなどの摂りすぎで、胃腸に余分な熱がこもることで発症します。

 またその他の自覚症状としてはのどが渇く、口臭が気になる、便秘などを伴います。


○脾気陰両虚タイプ
 日本人にもっとも多く見られるタイプで、どうかするとくちびるが腫れることもありますが、基本的には一年中くちびるが乾燥してガサガサして、ひどくなるとくちびるが切れたりもします。

 このタイプの方は、漢方的な考え方では、脾=胃腸が干からびたような状態で、脾=胃腸とつながりの深いくちびるも乾燥しているというタイプです。胃腸が干からびた状態では、胃腸からの飲食物の栄養の吸収がうまくいかなくなるため、「やせの大食い」と呼ばれるようなたくさん食べても太らない(太れない)、便通に関しても軟便がちか、便秘がちの方でもどうかするとおなかをこわして下痢になったります。

 また、胃腸機能の低下状態(食後に眠たくなるとかおなかが張るなどの自覚症状を伴う状態)が続くと、食べ物からの栄養吸収がうまくいかなくなり、胃腸そのものにも栄養が行きわたらなくなって、胃腸とつながりの深いくちびるまでも栄養不足、すなわち乾燥して荒れやすい状態になると考えられています。

 また、くちびる以外にも指先も乾燥して荒れやすくなるほか、胃腸の水分代謝異常からむくみやすくなったり、女性の方ではおりものが多くなったりもします。

 また、このタイプの方は花粉症、アトピー性皮膚炎などを発症しやすくなります。

おすすめの漢方薬
・参苓白朮散(じんれいびゃくじゅつさん)
・星火健脾散(せいかけんぴさん)
・調胃承気湯(ちょういじょうきとう)
・八仙丸(はっせんがん)
・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

 など

1ヶ月分のご予算
・6,000円〜10,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・晶三仙(しょうさんせん)
・陽明源(ようめいげん)ゴールド

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と気になる症状

漢方薬と肩こり

漢方薬と髪の毛

漢方薬と眼精疲労
漢方薬と急性の頻尿

漢方薬と口臭

漢方薬とじんましん

漢方薬と男性の更年期

漢方薬と寝汗

漢方薬とのどの異物感

漢方薬と乗り物酔い

漢方薬とまぶたがぴくぴくする症状

漢方薬と慢性の口内炎
漢方薬とくちびるの乾燥

漢方薬と耳鳴り
漢方薬と鼻づまり(蓄膿症)

漢方薬とVDT症候群(パソコンによる様々な疲れ)
漢方薬とイライラ

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と男性更年期トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。