大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と気になる症状 > 漢方薬と慢性の口内炎

漢方薬と慢性の口内炎


 食べ過ぎやストレスの影響でおこる急性の口内炎とちがって、あまり痛くはないものの繰り返して発生する口内炎は体内の「気」や「陰」分(簡単に言うと体を構成する水分)の不足から生じます。

 漢方的に分類していくと、日頃から元気がなく、心身の疲労とともに口内炎が発生するという「気虚タイプ」や、普段から胃腸の調子が悪く、特に食事の際にはお茶やみそ汁など汁気の物がないと食べ物がのどを通らないという「脾気陰両虚タイプ」の方に多く見られます。

 いずれのタイプの方でも胃腸の機能を整えて、胃腸から発生する「気」のエネルギーを高める漢方薬などが必要になりますが、潤いがないからといって水をたくさん飲んでも胃がかえって冷やされて「気」のエネルギーの低下を招き、逆効果になりますので注意が必要です。

 その他のタイプとしては、老化によって下半身が冷え切ってしまうことで陽気が上に押しやられる(冷え症なのにほっぺたなどはうっすらと紅潮したりする)という「虚陽上浮タイプ」や、体質的にほてりやすい「陰虚タイプ」なども挙げられますが、いずれにせよ体質を改善していかないと口内炎の発生を止めることはできません。

 口内炎がよくできるようになるというのは、体が発しているひとつの警戒警報のようなものと捉えるべきで、塗り薬やビタミンB製剤に頼っても一時的には治りますが、すぐに再発しますし、適切な漢方薬で治療することで口内炎以外の症状も楽になります。

おすすめの漢方薬
・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
・参苓白朮散(じんれいびゃくじゅつさん)
・黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)
・金匱腎気丸(きんきじんきがん)

 など

1ヶ月分のご予算
・7,000円〜10,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・香西洋参(しゃんせいようじん)

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と気になる症状

漢方薬と肩こり

漢方薬と髪の毛

漢方薬と眼精疲労
漢方薬と急性の頻尿

漢方薬と口臭

漢方薬とじんましん

漢方薬と男性の更年期

漢方薬と寝汗

漢方薬とのどの異物感

漢方薬と乗り物酔い

漢方薬とまぶたがぴくぴくする症状

漢方薬と慢性の口内炎
漢方薬とくちびるの乾燥

漢方薬と耳鳴り
漢方薬と鼻づまり(蓄膿症)

漢方薬とVDT症候群(パソコンによる様々な疲れ)
漢方薬とイライラ

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と慢性の口内炎トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。