大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。健康相談、サプリメント、健康カウンセリングの漢方薬専門店。 大阪府道修町の漢方薬局 - 漢方マルヘイ薬局
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と気になる症状 > 漢方薬と眼精疲労

漢方薬と眼精疲労


 最近のパソコンの普及と使用時間の長時間化から、眼精疲労に悩まされる方は増加しています。

 漢方理論では「目」は、五臓六腑の「肝」とつながっているとされ、「肝」の状態は「目」に反映されると考えられています。反対に、「目」を酷使すると「肝」(自律神経とも深く関連しています)に影響するとも考えられています。長時間のパソコンの使用が、目だけでなく自律神経にも悪影響をあたえるのもこのためです。

 また、加齢による目の問題は「腎」と関連が深く、また、漢方の理論(五行説)では、「肝」は「木」、「腎」は「水」に相当し、「水」(=「腎」)は「木」(=「肝」)を養う関係になりますので、いずれにせよ「目」は「肝」と「腎」の両方と深く関係しています。

■主な眼精疲労のパターン

1)「肝鬱気滞(かんうつきたい)」〜ストレスタイプ
 ストレスが原因で、自律神経と関係の深い「肝」の機能低下を起こし、「肝」とつながっている「目」の機能が低下するというタイプです。

 特徴としては、イライラ、憂うつ感をともなうほか、脇や胸に張りがある、ため息が出やすい、ストレスが強くなると増悪するなどです。

2)「肝血虚(かんけっきょ)」〜血液不足タイプ
 「目」を酷使することで、「肝」にたくわえられている「血」を消耗したり、もともと貧血気味であったりして、「肝」に十分な「血」が存在しないと、「肝」の機能低下をきたして、「肝」とつながっている「目」が「よく見えない」という事になります。

 特徴としては、普段から貧血気味の方や、目の乾燥感、顔の艶がない、爪がもろい、肩こり、筋肉が引きつりやすいという症状を伴います。

3)「肝腎陰虚(かんじんいんきょ)」〜ハードワークタイプ
 老化や過労により、「腎」にたくわえられている「精」を消耗し、また、パソコンを長時間使用するなど、目を酷使して「肝」にたくわえられている「血」を消耗することで、「肝」と「腎」の両方がオーバーヒートした状態で機能低下をきたしたものです。

 特徴としては、眼精疲労の他にも目の乾燥感、かすみ目、視力の低下などを伴い、耳鳴りやふらつき、口の渇きや皮膚の乾燥、膝や腰のだるさ、足の裏や手のひらにほてりを感じるといった症状を伴います。

4)「腎陽虚(じんようきょ)」〜エネルギー不足タイプ
 老化などにより、人間の生命エネルギーの根源である「腎」の熱エネルギーが衰えることで発生します。

 特徴としては、目が見えにくい、暗く感じる、視力低下のほか、寒がる(特に下半身)、手足が冷える、足腰がだるい、夜間に尿量が増えるという症状を伴います。

 以上、眼精疲労でよく見られる、いくつかのパターンを挙げましたが、現代社会においては、かつて人類が経験したことがないくらい目に負担がかかります。

 漢方薬局の立場から見た場合、パソコンやテレビゲームから最近のパチンコや携帯電話に至るまで、ディスプレイ画面を「一定の距離」で「長時間」、「意識を集中して」見続けるという行為は、「肝」だけでなく「腎」も消耗しますので、圧倒的にBの「肝腎陰虚」パターンの方が多いと思います。(昔は、生命の根源とも呼ばれる「腎」に問題があるというのは、先天的な虚弱体質や、慢性病が長引いたり、かなり老化が進んだというケースでないとあまり見られませんでした)

 漢方薬が、目薬やブルーベリーよりも決定的に優れているのが、実はこの「腎」を補うという点で、眼精疲労だけでなく、めまいやふらつき、耳鳴り、足腰のだるさといった症状も同時に改善することができます。

 また、目の血管というのは、血管の中でも極めて細く、血の流れに問題のある(漢方では淤血(おけつ)と呼ばれます)方は、眼精疲労に限らず、目の機能低下や障害が発生しやすくなりますので、淤血(おけつ)を伴う場合は、血液がサラサラに流れるようにしていくことも重要になります。

おすすめの漢方薬
・冠元顆粒(かんげんかりゅう)
・冠脈通塞丸(かんみゃくつうそくがん)
・金匱腎気丸(きんきじんきがん)
・杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)
・逍遥散(しょうようさん)
・八味地黄丸(はちみじおうがん)
・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)
・六味丸(ろくみがん)

 など

1週間分のご予算
・6,000円〜12,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・天眼(てんえん)
・ニューアイリタン
・GBE-24
・ペリチオン-S
・人参乾姜粒(にんじんかんきょうりゅう)
・文山三七(ぶんざんさんしち)
・サメミロン

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と気になる症状

漢方薬と肩こり

漢方薬と髪の毛

漢方薬と眼精疲労
漢方薬と急性の頻尿

漢方薬と口臭

漢方薬とじんましん

漢方薬と男性の更年期

漢方薬と寝汗

漢方薬とのどの異物感

漢方薬と乗り物酔い

漢方薬とまぶたがぴくぴくする症状

漢方薬と慢性の口内炎
漢方薬とくちびるの乾燥

漢方薬と耳鳴り
漢方薬と鼻づまり(蓄膿症)

漢方薬とVDT症候群(パソコンによる様々な疲れ)
漢方薬とイライラ

漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と眼精疲労トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。