大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と痛みの疾患

漢方薬と痛みの疾患


 神経痛や関節痛などの疾患のことを漢方では「痺症(ひしょう)」と呼びますが、「痺」
とは、「気」や「血」が、その通り道である「経絡(けいらく)」を流れなくなるという意味で、そのことによって痛みが発生すると考えられています。これを「不通則痛」(通じざれば即ち痛む)と言います。また、流れるべき「気」や「血」が不足しているために、栄養不足の状態になって発生する痛みを「不栄則痛」と言いますが、結果的に「気」や「血」が流れていないこと(「不通」)で痛みが発生するというのが基本的な考え方です。

 では、なぜ「気」や「血」の流れが遮断されるのかというと、外邪(環境因子)である
「風」「寒」「湿」などが影響したり、ストレス(漢方では「七情」)、飲食の不摂生、過労
から外傷に至るまで様々な原因が挙げられます。

 漢方では、痛みの疾患に関しては、

どこが痛むのか・・・痛む場所によって、内臓とのつながりや、影響している環境因子を類推することが出来ますので、痛む場所(頭痛でも、側頭部か後頭部、頭頂部のどこが痛むのか)や、同じ所がずっと痛むのか、遊走性かなど
・いつから痛むのか・・急に痛くなったのか、またはだんだん痛くなってきたのか、いつから痛いのかなど

いつ痛むのか・・・痛みの発生する時間帯や季節、どういった時(動作時や安静時、空腹時や食後)に痛むのかなど

どんな痛みか・・・・シクシク痛む、締め付けられるような痛み、刺すような痛みなど、細かく分ければ、漢方では20種類以上の痛み方の表現がありますが、どのような痛み方をするのか、また、お風呂で温めると楽になるかどうか、患部は熱を持っているかどうか、揉んだりすると痛みは和らぐのかどうかなど

といった情報と、その方の体質や他の疾患との関連性のほか、季節要因なども考慮して処
方などが決定され、最終的に流れが悪くなっている「気」や「血」の流れを改善することで痛みをなくしていきます。

 ※「痛みの疾患」に根本的に大きく関わっているのが「胃腸機能」で、胃腸の機能が低
下すると体内に余分な「湿気」や不要な「水」が溜まりやすくなって、これらの不要な水
分の存在が基本的に「気」や「血」の流れを邪魔して、痛みが発生しやすくなります。


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と痛みの疾患

漢方薬と頭痛

漢方薬と膝の痛み

漢方薬と腰痛
漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント


大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と痛みの疾患トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。