大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 漢方薬と疾患・症状 > 漢方薬と胃腸の症状 > 漢方薬と「げっぷ」

漢方薬と「げっぷ」


 「げっぷ」に関しては、食べ過ぎたときや炭酸飲料を飲んだ後にたまに出るくらいなら問題はないですが、食事の度に出るようだと西洋医学的には胃腸の疾患が疑われます。

 漢方では、「げっぷ」の発生機序として、本来は下へ向かっている「胃」の「気」が、上逆、即ち上の方へ上がってくることで発生すると考えられています。もともと「胃」に入った食べ物は、胃から小腸、大腸へと下の方に送り込まれますが、これは「胃」の「気」のエネルギーによる作用で、その「気」が逆行して「気」のかたまり=ガスの状態となって、口から出てくるのが「げっぷ」であるという考え方です。

 漢方的に見た場合、「胃」の「気」の流れが乱れる原因として、次の3つのパターンが考えられます

1.食滞パターン・・・「食滞」とは食べ物が滞ることですが、一時的な食べ過ぎによるものだけでなく、飲食の不摂生などが続いて胃腸の機能が低下した状態が続くことでも「げっぷ」がよく出るようになります。胸がつかえた感じがしたり、便臭が強くなったり便秘がちの傾向を伴います。

2.ストレスパターン・・・胃腸や食べ物の問題ではなく、ストレスの影響で胃腸のスムーズな蠕動運動が邪魔されて、「げっぷ」が発生するパターンです。飲食に関係なく、頻繁に比較的高音の「げっぷ」が出たりもします。漢方では、ストレスは「気」の流れの滞りを発生させ、流れが滞った結果として「気」のかたまり(=げっぷ)が生じるという見方も出来ます。

3.胃腸虚弱パターン・・・あまり食欲もなく、断続的に力のない「げっぷ」が出るというパターンで、虚弱体質の方や病後などによく見られます。胃腸機能が低下していることが主な原因です。

おすすめの漢方薬
・開気丸(かいきがん)
・逍遥散(しょうようさん)
・星火健胃錠(せいかけんいじょう)
・大柴胡湯(だいさいことう)
・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

 など

1ヶ月分のご予算
・5,000円〜9,000円

おすすめの健康食品・サプリメント
・昌三仙(しょうさんせん)
・パーフェクト・エンザミン
・忘憂歓(ぼうゆうかん)
・マグマ・テアニン
・陽命源(ようめいげん)ゴールド

 など


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
漢方薬と胃腸の症状

漢方薬と胃の症状

漢方薬と「げっぷ」

漢方薬と下痢

漢方薬と痔

漢方薬と便秘
漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント


大阪府大阪市の漢方薬局 - 漢方薬と「げっぷ」トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。