大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 医食同源コーナー > 胃腸機能に悪影響を与える要因

胃腸機能に悪影響を与える要因


1) 外的な環境要因

環境因子では「湿邪」と「寒邪」、即ち湿気と冷えが胃腸の機能を悪化させる要因となります。漢方の考え方では「脾は湿を忌(い)む」と言われ、湿気は「脾」の機能〜胃で消化された食物から体にとって必要な栄養素を取り出して、全身に運ぶ〜に悪影響を与えるとされています。また、機能=「気」=「陽」という原則からすると、冷えは胃腸の機能を低下させます。

2) 精神的ストレス

 漢方ではストレスのことを七情といって(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)の七つがあるとされていますが、中でも「怒」と「思」の二つが胃腸に悪影響を及ぼします。「怒」というと現代では「怒り」という意味ですが、本来の字義は「奴(やっこ)」の「心(こころ)」即ち、奴隷のように周囲からあれこれ指図を受けながら、自分の思い通りにならないというストレスを指します。また、「思」とは、既に終わってしまった事やどうしようもないことを、いつまでもあれやこれや考えるというタイプのストレスで、特にこの二つが胃腸に悪影響を与えるとされています。

■参照
ストレスについて(その2)
ストレスについて(その3)

3)3度の食事のとり方 

朝ご飯
 朝は「陰」から「陽」に向かう時間帯で、これは日中にかけて内臓も肉体も活動する準備段階のようなものですので、お粥など消化のよい暖かいものを食べるのが基本です。よく朝ご飯はしっかり食べろとか言いますが、朝早く起きて2〜3時間も野良仕事をされているなら別ですが、朝起きてすぐに食べるのであれば、そんなに量的に多く食べなくても良いとされています。

昼ご飯
 1日のうちで一番豪華にとるのが理想です。昼間というのは最も活動する時間帯ですので、野菜や穀物を中心にして動物性タンパクなども摂るとすれば、夜よりも昼の方が良いとされています。

晩ご飯
 あっさりとしたものを中心に腹八分目までにして、あまり食べ過ぎないようにします。夜の時間帯に食べ過ぎてしまうとどうしても長時間にわたり胃腸に負担がかかって、栄養代謝に悪影響を及ぼすほか睡眠の質も低下しかねません。

 更にもう一つ重要なことは、食事を摂る時間帯が日によってばらばらというのも、胃腸の機能に悪影響を与えますので、毎日決まった時間帯に食事を摂ることも重要です。


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
食と胃腸に関する話

健康の基本は「食」と「胃腸」から

胃腸の機能に悪影響を与える要因

胃腸の機能に悪影響を与える飲食物

健康のための食事のヒント
漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 -胃腸機能に悪影響を与える要因トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。