大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。
大阪府大阪市の漢方薬局。漢方薬のことなら漢方薬局・漢方マルヘイ薬局へ。 漢方薬と疾患・症状 医食同源コーナー 生薬(高貴薬)について 漢方薬局おすすめの商品 漢方薬局のコラム 漢方薬局ご相談方法 漢方薬局の店舗紹介
ホーム > 医食同源コーナー > 胃腸機能に悪影響を与える飲食物

胃腸機能に悪影響を与える飲食物


◎冷たいもの
 胃腸を冷やすことは即ち、「陽」の性質を持つ「気」のエネルギーの低下につながります。特に水分の過剰摂取は、尿や汗として排泄されるまでの間、体温(36〜37℃)まで「加熱」した上で、更に「保温」しなければいけないことから、胃腸を始め体の熱エネルギー(消化吸収力と病気に対する抵抗力)を相当消耗してしまいます。(水という物質は極めて比熱が高く、1℃温度を上昇させるのに多くのエネルギーを必要とします)

■参照
漢方的正しい食養生(その2)」・・・生冷過食の弊害(1)
漢方的正しい食養生(その3)」・・・水飲み健康法の弊害
漢方的正しい食養生(その4)」・・・生冷過食の弊害(2)

◎あぶらっこい食事
 あぶらっこい料理や肉類を消化するためには、胃腸は大きなエネルギーを消耗しますので胃腸にとってはかなりの負担になります。よく病気の時には消化の良いものを食べるということが言われますが、これは胃腸の消化にかかわるエネルギーの消耗を防いで、胃腸から発する「気」のエネルギー(言葉を換えれば自己治癒力)を温存させるのに必要であると言うことです。

◎激辛食品、(過度の)飲酒
 言うまでもなく、直接、胃の粘膜を傷つけます。また、辛い物やお酒というのはそれ自体が「熱」の性質を持っていますので、体内に余分な熱がこもりやすくなりますので、のぼせ症の方や蓄膿症、あるいは花粉症で目がかゆいときなどは症状を悪化させる原因ともなります。

◎牛乳・乳製品
 日本人を始め東洋人は本質的に、成長と共に乳糖分解酵素が減少し、代わって、でんぷん分解酵素の活性が強くなるようにできています。したがって、乳糖不耐症と呼ばれる牛乳を飲めばすぐに下痢をするほどでなくても、多くの日本人にとって牛乳は消化しがたい飲食物であって、そういったものを飲んでいると胃腸に負担がかかります。また、特に市販されている牛乳は生乳に含まれる有用な酵素や免疫調節物質などが殺菌されている上に、脂肪分も均一化される過程で酸化が進んでいることから、体にとっては良くありません。

■参照
漢方的正しい食養生(その5)
牛乳の弊害(その1)
牛乳の弊害(その2)


大阪府大阪市の漢方薬局、漢方マルヘイ薬局へのお問い合わせ
食と胃腸に関する話

健康の基本は「食」と「胃腸」から

胃腸の機能に悪影響を与える要因

胃腸の機能に悪影響を与える飲食物

健康のための食事のヒント
漢方薬のことなら漢方薬局
漢方マルヘイ薬局へ

大阪府大阪市中央区道修町
1-5-4
電話 06-6222-3880
FAX 06-6222-3176
e-mail info@kampou.com

<主な取扱商品>
イスクラ産業、クラシエ薬品(旧カネボウ薬品)、ツムラ、救心製薬、サンウェル、堀江生薬、日誠マリン、栃本天海堂 等の漢方薬、健康食品、生薬(高貴薬)、ハーブ、サプリメント

大阪府大阪市の漢方薬局 -胃腸機能に悪影響を与える飲食物トップページ

大阪府大阪市の漢方薬局 漢方薬のことなら道修町の漢方マルヘイ薬局へ
| 漢方薬と疾患・症状 | 医食同源コーナー | 生薬(高貴薬)について | 漢方薬局コラム | 漢方薬局へのご相談方法 | 漢方薬局の店舗紹介 |
| サイトマップ | プライバシー |
〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町1-5-4
電話 06-6222-3880 FAX 06-6222-3176 e-mail info@kampou.com
大阪市営地下鉄堺筋線北浜駅より徒歩3分
Copyright(C) 漢方薬局 漢方マルヘイ薬局 All Rights Reserved.

当サイトはリンクフリーです。リンクはトップページ"http://www.kampou.com"にお願いします。
漢方薬局 漢方マルヘイ薬局
 下のソースをコピーペーストしてください。